エコバックスの水拭き頻度の罠!やりすぎると床が傷む恐ろしい事実

エコバックスの水拭き頻度の罠!やりすぎると床が傷む恐ろしい事実 家電

 

床掃除は、床の汚れやホコリを除去するだけでなく、床の美観や耐久性を保つためにも必要です。

しかし、水拭きの頻度を間違えると、床が傷んでしまう可能性があるのをご存じですか?

また、水拭きの際の注意点もあります。

白衣_女の子_棒差し

それでは、エコバックスのロボット掃除機で水拭きはどのくらいの頻度がいいのでしょうか?

水拭きの頻度を適切に設定することで、床をキレイに保ちながら、ロボット掃除機の寿命も延ばすことができます。

この記事では、水拭きの頻度の決め方や注意点、おすすめの機種もまとめてご紹介します。

エコバックスの水拭き機能を使うなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

  • 水拭きの頻度と注意点
  • 水拭き機能のメリット・デメリット
  • 水拭き機能とモップがけモードの違い
  • 水拭きのおすすめ機種
  • 実際に使用した人の口コミ評価

  1. フローリングの水拭きの頻度と注意点
    1. 水拭きの頻度
    2. 水拭きの注意点
  2. エコバックスの水拭き機能のメリット・デメリット
    1. メリット
      1. 1. 床の汚れやホコリを除去できる
      2. 2. 床の美観や耐久性を保つことができる
      3. 3. 手間や時間をかけずに水拭きができる
    2. デメリット
      1. 1. 水拭き機能の付いたモデルは高価である
      2. 2. 床の種類によって使えない場合がある
      3. 3. 水拭きだけではなく、掃除機かけも必要
  3. エコバックスの水拭き機能は洗剤を使えるのか
  4. 水拭き機能は掃除機かけすぎにならないのか?
  5. 水拭き機能とモップがけモードと何が違うのか
    1. 1. 水拭き機能
    2. 2. モップがけモード
    3. 水拭き機能とモップがけモードのまとめ
  6. エコバックスの水拭き機能のよくある質問と回答
    1. Q. 水拭き機能はどの機種に搭載されていますか?
    2. Q. 水拭き機能はどのように使えばいいですか?
    3. Q. 水拭き機能はどのくらいの頻度で使えばいいですか?
    4. Q. 水拭き機能はどのような水を使えばいいですか?
    5. Q. 水拭き機能はどのようにメンテナンスすればいいですか?
  7. エコバックスの水拭き機能のおすすめ機種 
    1. エコバックスの水拭きの種類
    2. 回転式の水拭き機能なら「DEEBOT X2 OMNI」
      1. メリット
        1. 水拭きの効果が高い
        2. 全自動でモップの洗浄・乾燥・水補給ができる
      2. デメリット
        1. 価格が高い
        2. 吸引力が低下する
    3. 振動式の水拭き機能なら「DEEBOT T10 PLUS」
      1. メリット
        1. 水拭きの効果が高い
        2. 吸引力が低下しない
      2. デメリット
        1. 価格が高い
        2. カーペットやラグなどの水に弱い床には使えない
    4. 引きずり式の水拭き機能なら「DEEBOT N8 PRO+」
      1. メリット
        1. 価格が安い
        2. 水拭き機能はカーペットやラグなどの水に弱い床にも自動で対応してくれる
      2. デメリット
        1. 水拭きの効果が低い
  8. エコバックスの水拭き機能の使い方
    1. 水拭き機能の使い方
      1. Step.1 水タンクに水を入れる
      2. Step.2 水拭きの設定をする
      3. Step.3 水拭きを終了する
  9. エコバックスの水拭き機能の口コミや評判はどうなのか
    1. 口コミのまとめ
  10. フローリングの水拭き以外にもできること
    1. エコバックスのロボット掃除機の特徴
      1. スマートナビ機能
      2. 自動ゴミ収集機
      3. 自動洗浄・乾燥ステーション
      4. 芳香剤機能
      5. ペット用モデル
  11. エコバックスの水拭き機能の購入方法と価格はどうなのか
  12. エコバックスの購入できるところ
    1. 水拭き機能を搭載したDEEBOT
      1. オンラインショップ
      2. 家電量販店
    2. 水拭き機能を搭載したDEEBOTの価格
      1. DEEBOT X2 OMNI
      2. DEEBOT T10 PLUS
      3. DEEBOT N8 PRO+

フローリングの水拭きの頻度と注意点

???_女性_左

水拭きの頻度

エコバックスのロボット掃除機でフローリングの水拭きの頻度は、床の状態や生活環境によって異なりますが、一般的には、1~2週間に1度がおすすめです。

水拭きの頻度が高すぎると、フローリングの表面に塗布されたコーティングがはがれやすくなります。

また、ワックスがけ後の床掃除は、水拭きによるメンテナンスを控えるようにしましょう。

ワックスは水に弱いため、水拭きしてしまうとワックスがはがれます。

水拭きの注意点

エコバックスのロボット掃除機で水拭きをする際には、以下の点に注意してください。

  • 水タンクには、水道水や精製水を使用してください。
    石鹸水や洗剤などは使用しないでください。

  • モップは、清掃後に取り外して水洗いしてください。
    汚れがひどい場合は、中性洗剤を使用してください。

  • モップは、乾いた場所で保管してください。
    湿ったまま放置すると、カビや臭いの原因になります。

  • モップは、使用回数や汚れ具合に応じて定期的に交換してください。
    交換の目安は、3~6ヶ月です。

エコバックスの水拭き機能のメリット・デメリット

床の水拭きを手間なく行うことができる便利な機能ですが、メリットだけでなく、デメリットもあります。

ここでは、エコバックスの水拭き機能のメリットとデメリットについて、それぞれ3つずつ紹介します。

Good

メリット

1. 床の汚れやホコリを除去できる

エコバックスの水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことで、床の汚れやホコリを効果的に除去できます。

特に、花粉やハウスダスト、夏場の床のべたつきなど、水拭きでしか落とせない汚れに対しては、水拭き機能が有効です。

水拭き機能を使うことで、床を清潔に保つことができます。

2. 床の美観や耐久性を保つことができる

 エコバックスの水拭き機能は、床の美観や耐久性を保つことができます。

水拭き機能は、水量を自動で調節することで、床に適切な水分量を与えます。

水分量が多すぎると、床にダメージを与えたり、カビや臭いの原因になったりしますが、水分量が少なすぎると、床が乾燥して割れたり、色あせたりします。

水拭き機能を使うことで、床に最適な水分量を与えることができます。

3. 手間や時間をかけずに水拭きができる

エコバックスの水拭き機能は、手間や時間をかけずに水拭きができます。

水拭き機能は、タイマーを設定するだけで、自動で清掃を開始し、完了すると自動で充電します。

水タンクやモップの交換や洗浄も、アプリで通知されるので、必要なときに行うことができます。

水拭き機能を使うことで、水拭きにかかる手間や時間を省くことができます。

BAD

デメリット

1. 水拭き機能の付いたモデルは高価である

エコバックスの水拭き機能の付いたモデルは、水拭き機能のないモデルに比べて、高価であるというデメリットがあります。

水拭き機能の付いたモデルは、水タンクやモップ、振動式パワフル電動モップなどの部品や機能が追加されているため、価格が高くなります。

水拭き機能の付いたモデルは、3万円台~10万円台までの幅広い価格帯がありますが、水拭き機能のないモデルは、2万円台~5万円台までの価格帯が多いです。

2. 床の種類によって使えない場合がある

エコバックスの水拭き機能は、床の種類によって使えない場合があるというデメリットがあります。

水拭き機能は、フローリングやタイルなどの水に強い床に対して使うことができますが、カーペットやラグなどの水に弱い床に対しては使うことができません。

水拭き機能を使うと、カーペットやラグに水が染み込んでしまい、カビや臭いの原因になります。水拭き機能を使う場合は、床の種類に注意してください。

3. 水拭きだけではなく、掃除機かけも必要

エコバックスの水拭き機能は、水拭きだけではなく、掃除機かけも必要であるというデメリットがあります。

水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことで、床の汚れやホコリを除去できますが、水拭き機能だけでは、床に付着したゴミや埃を完全に取り除くことはできません。

水拭き機能を使う前には、掃除機かけをして、床に残っているゴミや埃をしっかりと吸い取ることが必要です。

水拭き機能を使う場合は、掃除機かけも併用してください。

エコバックスの水拭き機能は洗剤を使えるのか

エコバックスの水拭き機能は、水だけでなく洗剤も使用できます。

ただし、以下の点に注意してください

  • 洗剤は中性のものに限ります。
    強酸性や強アルカリ性の洗剤は本体やモップにダメージを与える可能性があります。

  • 洗剤は水に溶けやすいものを選びます。
    水に溶けにくいものはタンクやノズルを詰まらせる恐れがあります。

  • 洗剤の使用量は少なめにします。
    水と洗剤の比率は10:1程度が目安です。
    洗剤の使用量が多すぎると床がベタついたり、洗剤の成分が床に残ったりする可能性があります。

  • 洗剤を使用した後は、水だけで水拭きを行い、洗剤の残留物を除去します。
    また、タンクやモップはよく洗浄して乾燥させます。

水だけでも十分に床を清潔にできますが、洗剤を使用することでより高い清掃効果が期待できます。

ただし、洗剤の使用には注意が必要です。

適切な洗剤と使用量を選び、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

水拭き機能は掃除機かけすぎにならないのか?

エコバックスの水拭き機能は、掃除機かけすぎになることはありません

エコバックスの水拭き機能は、吸引力は低めに設定されています。

また、水拭きはモップを床に押し付けて行うのではなく、軽くなぞるように行います。

そのため、床に過度な負担をかけることはありません。

床の汚れや埃を効率的に除去することができますが、床の素材や状態によっては水拭きが適さない場合もあります。

例えば、無垢フローリングやカーペットなどは水拭きできません。

また、水拭きでは取り切れないゴミや汚れもあります。

その場合は、吸引タイプのロボット掃除機や手動の掃除機を併用することがおすすめです。

エコバックスの水拭き機能は、床の清掃に便利な機能ですが、床の種類や汚れの状況に応じて、適切な方法で掃除を行うことが大切です。

エコバックスの水拭き機能を上手に活用して、快適な生活空間を作りましょう!

水拭き機能とモップがけモードと何が違うのか

エコバックスのロボット掃除機には、水拭き機能とモップがけモードの2種類があります。

どちらも床を水で拭くことができますが、その仕組みや効果には違いがあります。

1. 水拭き機能

水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことができる機能です。

エコバックスのロボット掃除機は、水タンクとモップを装着すると自動的に水拭きモードになります。

水タンクから水がモップに染み込み、モップが床を引きずるように走行します。

水拭き機能は、床のほこりや花粉、べたつきなどを除去するのに効果的です。

水量はアプリで調節することができます。

水拭き機能は、上位機種によってさらに進化しています。

例えば、DEEBOT X2 OMNIは、回転式の電動モップを搭載しており、床に強く押し付けて水拭きすることができます。

また、全自動クリーニングステーションによって、モップの洗浄・乾燥・水補給を自動で行うことができます。

これにより、モップの手入れや水の交換の手間が省けます。

2. モップがけモード

モップがけモードは、吸引をオフにして水拭きのみを行うことができるモードです。

このモードは、床のべたつきが気になるときや、静かに掃除したいときに最適です。

モップがけモードでは、水拭き機能と同じく水タンクとモップを装着しますが、吸引モーターをオフにすることで、水拭きのみを行います。

モップがけモードは、水拭き機能よりも水量が多くなります。

水量はアプリで調節することができます。

モップがけモードは、水拭き機能と違って、上位機種による差はありません。

どの機種でも同じように水拭きのみを行うことができます。

ただし、モップがけモードでは、全自動クリーニングステーションの機能は使えません。

モップの洗浄・乾燥・水補給は手動で行う必要があります。

水拭き機能とモップがけモードのまとめ

水拭き機能とモップがけモードの2種類があります。

水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことができる機能で、床のほこりや花粉、べたつきなどを除去するのに効果的です。

上位機種では、電動モップや全自動クリーニングステーションなどの機能が搭載されています。

モップがけモードは、吸引をオフにして水拭きのみを行うことができるモードで、床のべたつきが気になるときや、静かに掃除したいときに最適です。

どの機種でも同じように水拭きのみを行うことができますが、全自動クリーニングステーションの機能は使えません。

エコバックスのロボット掃除機は、水拭き機能とモップがけモードの使い分けによって、さまざまな床掃除のニーズに応えることができます。

エコバックスの水拭き機能のよくある質問と回答

Q&A

エコバックスの水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことができるという便利な機能ですが、使い方や設定について疑問に思うこともあるかもしれません。

ここでは、エコバックスの水拭き機能に関するよくある質問と回答を紹介します。

Q. 水拭き機能はどの機種に搭載されていますか?

A. 水拭き機能は、エコバックスのロボット掃除機の多くの機種に搭載されています。

水拭き機能の種類によっては、専用の水タンクやモップが必要になります。水拭き機能の搭載されている機種や水拭き機能の種類については、エコバックスの公式サイトやカタログで確認できます。

Q. 水拭き機能はどのように使えばいいですか?

A. 水拭き機能は、水タンクに水を入れてモップを装着すると自動的に使えるようになります。

水拭き機能の設定は、スマホアプリで行うことができます。

水量やモップがけモードを設定したら、自動で水拭きを開始します。

水拭きを終了するときは、スマホアプリで一時停止して充電を選ぶと、水拭きが終了します。

水拭き機能の使い方については、取扱説明書やエコバックスの公式サイトで詳しく説明されています。

Q. 水拭き機能はどのくらいの頻度で使えばいいですか?

A. 水拭き機能は、床の汚れや素材に応じて、適切な頻度で使うことがおすすめです。

一般的には、週に1~2回程度の水拭きが効果的です。水拭きの頻度は、スマホアプリで設定することができます。

水拭きの頻度については、床のメーカーやエコバックスの公式サイトで確認できます。

Q. 水拭き機能はどのような水を使えばいいですか?

A. 水拭き機能は、水道水や浄水器の水などの清潔な水を使うことがおすすめです。

水には、中性の洗剤を少量混ぜることもできますが、強酸性や強アルカリ性の洗剤は使わないでください。

水や洗剤の使用方法については、取扱説明書やエコバックスの公式サイトで確認できます。

Q. 水拭き機能はどのようにメンテナンスすればいいですか?

A. 水拭き機能は、定期的にメンテナンスすることが大切です。メンテナンスの方法は、以下のようになります。

  • 水タンクは、水拭きが終了したら、水を捨てて乾燥させます。
    水タンクは、汚れたら水で洗浄します。

  • モップは、水拭きが終了したら、取り外して乾燥させます。
    モップは、汚れたら水で洗浄します。モップは、消耗品なので、定期的に交換します。

  • 水拭き機能の種類によっては、モップの洗浄や乾燥を自動で行ってくれる機能があります。
    その場合は、メンテナンスの手間が省けます。

  • 水拭き機能のメンテナンス方法については、取扱説明書やエコバックスの公式サイトで詳しく説明されています。

使い方や設定について疑問に思うこともあるかもしれません。

エコバックスの水拭き機能に関するよくある質問と回答を紹介しました。

エコバックスの水拭き機能を正しく使って、床の清掃を効率的に行いましょう。

エコバックスの水拭き機能のおすすめ機種 

エコバックス水拭き機能つき機種のランキング

ECOVACS ランキング
1位 DEEBOT X1 OMNI 口コミなど詳細はこちら
2位 DEEBOT T9+ 口コミなど詳細はこちら
3位 DEEBOT X2 OMNI 口コミなど詳細はこちら

の水拭き機能は、機種によって性能に差があります。

ここでは、エコバックスの水拭き機能のおすすめ機種を紹介します。

エコバックスの水拭きの種類

エコバックスのロボット掃除機は、オズモモップシステムにより、吸引機能だけでなく、水拭き機能も備えています。

水拭き機能とは、タンクに水を入れて、後方に取り付けたモップで床を拭く機能のことです。

エコバックスのロボット掃除機は、吸引と水拭きを同時に行うことができるので、一度の清掃で床をきれいにすることができます。

エコバックスのロボット掃除機には、水拭き機能の種類によって、以下の3つのシリーズがあります。

  • OZMO™ Turbo 2.0搭載モデル
    振動式パワフル電動モップで汚れを強力に拭き取ります。

  • OZMO™ PRO 3.0搭載モデル
    最大毎分600回モップを前後に振動しながら水拭きします。

  • OZMO™ Pro 2.0搭載モデル
    モップを前後に振動させながら水拭きします。

これらの水拭き機能は、水量を自動で調節したり、水タンクの残量をアプリで確認したりすることができます。

また、水拭きの際には、床の種類に合わせて、水量を高・中・低の3段階から選ぶことができます。

回転式の水拭き機能なら「DEEBOT X2 OMNI」

DEEBOT X2 OMNIは、エコバックスの最高峰モデルで、回転式の水拭き機能を搭載しています。

圧力をかけながら毎分180回高速回転する加圧回転式デュアルモップを搭載。

回転式の水拭き機能は、床に圧力をかけながらモップを回転させることで、頑固な汚れもキレイに拭き取ります。

また、モップの自動洗浄や乾燥、カーペットの自動検知などの機能も備えています。

さらに、最大8000Paの吸引力や3D障害物回避、カメラでの見守り、音声操作などの機能も搭載しています。

回転式の水拭き機能が欲しいなら、DEEBOT X2 OMNI がおすすめです

メリット

水拭きの効果が高い

回転式の水拭き機能は、床に圧力をかけながらモップを回転させることで、床にこびりついた汚れやべたつきをしっかりと落とすことができます。

水拭きの効果は、他の水拭き機能よりも高いと言えます。

全自動でモップの洗浄・乾燥・水補給ができる

回転式の水拭き機能は、全自動クリーニングステーションによって、モップの洗浄・乾燥・水補給を自動で行うことができます。

これにより、モップの手入れや水の交換の手間が省けます。

モップがいつも清潔で臭いも気になりません。

デメリット

価格が高い

回転式の水拭き機能は、エコバックスの最高峰モデルであるDEEBOT X1 OMNIにしか搭載されていません。

DEEBOT X1 OMNIは、約10万円前後という高価格帯のロボット掃除機です。回転式の水拭き機能を使うには、それなりの予算が必要です。

吸引力が低下する

回転式の水拭き機能は、水拭きを行うときは吸引力が低下します。

これは、水拭き機能の仕組み上、避けられないデメリットです。

吸引力が低下すると、床に残ったゴミや埃を吸い取りにくくなります。

振動式の水拭き機能なら「DEEBOT T10 PLUS」

DEEBOT T10 PLUSは、振動式の水拭き機能を搭載した中~高価格帯のロボット掃除機です。

最大毎分600回モップを前後に振動しながら強力に水拭きします。

振動式の水拭き機能は、床に密着させたモップを前後に振動させることで、床にこびりついた汚れもキレイに拭き取ります。

また、最大3000Paの吸引力や3D障害物回避、カメラでの見守り、音声操作などの機能も搭載しています。

振動式の水拭き機能が欲しいなら、DEEBOT T10 PLUSがおすすめです 。

メリット

水拭きの効果が高い

振動式の水拭き機能は、床に密着させたモップを前後に振動させることで、床にこびりついた汚れやべたつきをしっかりと落とすことができます。

水拭きの効果は、回転式の水拭き機能に次いで高いと言えます。

吸引力が低下しない

振動式の水拭き機能は、水拭きを行うときも吸引力が低下しません。

これは、水拭き機能の仕組み上、回転式の水拭き機能と違って吸引力に影響しないからです。

吸引力が低下しないと、床に残ったゴミや埃を吸い取りやすくなります。

デメリット

価格が高い

振動式の水拭き機能は、DEEBOT T10 PLUSにしか搭載されていません。

DEEBOT T10 PLUSは、約6万円前後という中~高価格帯のロボット掃除機です。

振動式の水拭き機能を使うには、それなりの予算が必要です。

カーペットやラグなどの水に弱い床には使えない

水拭き機能は、カーペットやラグなどの水に弱い床には使えません。

水拭き機能を使うと、カーペットやラグに水が染み込んでしまい、カビや臭いの原因になります。

水拭き機能を使う場合は、床の種類に注意する必要があります。

引きずり式の水拭き機能なら「DEEBOT N8 PRO+」

DEEBOT N8 PRO+は、引きずり式の水拭き機能を搭載した低~中価格帯のロボット掃除機です。

引きずり式の水拭き機能は、モップを床に撫でるように動かすことで、ホコリや花粉などを拭き取ります。

また、最大2600Paの吸引力や自動ゴミ収集、カーペットの自動検知などの機能も備えています。

引きずり式の水拭き機能が欲しいなら、DEEBOT N8 PRO+がおすすめです 。

メリット

価格が安い

引きずり式の水拭き機能は、DEEBOT N8 PRO+などの低~中価格帯のロボット掃除機に搭載されています。

DEEBOT N8 PRO+は、約4万円前後という低価格帯のロボット掃除機です。

引きずり式の水拭き機能を使うには、あまり高い予算は必要ありません。

水拭き機能はカーペットやラグなどの水に弱い床にも自動で対応してくれる

水拭き機能は、カーペットやラグなどの水に弱い床にも自動で対応してくれます。

水拭き機能を使うときは、カーペットやラグなどの水に弱い床には水拭きを行わず、吸引のみを行います。

水拭き機能を使う場合は、床の種類に注意する必要はありません。

デメリット

水拭きの効果が低い

引きずり式の水拭き機能は、モップを床に撫でるように動かすだけなので、水拭きの効果は、他の水拭き機能よりも低いと言えます。

引きずり式の水拭き機能は、水量が多すぎると、床が乾きにくくなったり、カビや臭いの原因になったりする可能性があります。

 

エコバックスの水拭き機能は、機種によって性能に差があります。

メリット・デメリットを知って、生活スタイルや予算に合った機種を選びましょう。

エコバックスの水拭き機能の使い方

エコバックスの水拭き頻度の罠!やりすぎると床が傷む恐ろしい事実

エコバックスの水拭き機能は、床の清掃に便利な機能ですが、使い方や注意点について知っておく必要があります。

ここでは、エコバックスの水拭き機能の使い方と注意点について、詳しく説明します。

水拭き機能の使い方

エコバックスの水拭き機能の使い方は、以下のようになります。

Step.1 水タンクに水を入れる

水タンクに水を入れる前に、水タンクのフタを開けて、モップを装着します。

モップは、ベルクロで水タンクに固定します。

モップは、水拭き機能の種類によって異なりますが、基本的には2枚付属しています。

モップは定期的に洗浄してください。

水タンクに水を入れるときは、水タンクのフタを開けて、水タンクの中に水を注ぎます。

水は、水道水や浄水器の水などの清潔な水を使ってください。

水量は、水タンクの最大ラインまで入れてください。

水タンクの容量は、機種によって異なりますが、約240ml~300ml程度です。

水タンクに水を入れたら、水タンクのフタを閉めて、ロボット掃除機の背面に水タンクを取り付けます。

水タンクを取り付けると、ロボット掃除機は自動的に水拭きモードになります。

水タンクを取り外すと、ロボット掃除機は自動的に吸引モードになります。

Step.2 水拭きの設定をする

水拭きの設定は、スマホアプリで行うことができます。

スマホアプリを開いて、ロボット掃除機の画面に移動します。

画面の下部にある「水拭き」のアイコンをタップすると、水拭きの設定画面が表示されます。

水拭きの設定画面では、水量とモップがけモードを設定することができます。

水量は、床の汚れや素材に応じて、低・中・高の3段階から選ぶことができます。

モップがけモードは、吸引をオフにして水拭きのみを行うモードです。

モップがけモードをオンにすると、水量は自動的に高になります。

水拭きの設定をしたら、画面の右上にある「保存」をタップして、設定を保存します。

設定を保存したら、画面の右下にある「自動」をタップして、水拭きを開始します。

水拭きを開始すると、ロボット掃除機はマッピングを行いながら、床を水拭きします。

Step.3 水拭きを終了する

水拭きを終了するときは、スマホアプリで行うことができます。

スマホアプリを開いて、ロボット掃除機の画面に移動します。

画面の右下にある「一時停止」をタップすると、水拭きが一時停止します。

一時停止したら、画面の右下にある「充電」をタップすると、水拭きが終了します。

水拭きが終了すると、ロボット掃除機は自動的に充電ステーションに戻ります。

充電ステーションに戻ると、ロボット掃除機は自動的にゴミを吸い上げて収集します。

また、水拭き機能の種類によっては、モップの洗浄や乾燥も自動で行います。

水拭きが終了したら、水タンクの水を捨ててください。 

エコバックスの水拭き機能の口コミや評判はどうなのか

エコバックスの水拭き頻度の罠!やりすぎると床が傷む恐ろしい事実

エコバックスの水拭き機能は、吸引と水拭きを同時に行うことができるという魅力的な機能ですが、実際に使ってみた人たちの口コミや評判はどうなのでしょうか。

ここでは、エコバックスの水拭き機能を搭載した機種の口コミや評判を紹介します。

エコバックス,水拭き,頻度,DEEBOT X1 OMNI,水拭き しない,水拭きのみ,洗浄液,必要 か,洗剤,モップがけモード,臭い掃除機,かけすぎ,病気,やり方,n8

水拭き機能は、カーペットやラグなどの水に弱い床にも自動で対応してくれます。カーペットやラグなどは水拭きを行わず、吸引のみを行ってくれるので、本当に放置でモップの掃除もしてくれるので、お掃除から解放されました。

 

エコバックス,水拭き,頻度,DEEBOT X1 OMNI,水拭き しない,水拭きのみ,洗浄液,必要 か,洗剤,モップがけモード,臭い掃除機,かけすぎ,病気,やり方,n8

水拭き機能は床がツルツルになって気持ちいいです。水量もちょうどいい量に設定できるし、吸引と水拭き同時にできるので時短です。マッピングも優秀なのでより効率的で時短です。衝突防止センサーもで静かです。一台二役で高コスパ!

 

エコバックス,水拭き,頻度,DEEBOT X1 OMNI,水拭き しない,水拭きのみ,洗浄液,必要 か,洗剤,モップがけモード,臭い掃除機,かけすぎ,病気,やり方,n8

最新モデルはさらに汚れ落としが良くなりました。全自動でモップの洗浄・乾燥・水補給を行ってくれるので、メンテナンスの手間も省けています。モップがいつも清潔で臭いも気になりません。DEEBOT X2 OMNIがおすすめです。

 

エコバックス,水拭き,頻度,DEEBOT X1 OMNI,水拭き しない,水拭きのみ,洗浄液,必要 か,洗剤,モップがけモード,臭い掃除機,かけすぎ,病気,やり方,n8

価格もリーズナブルで、高さも非常に薄い設計なので、家具やベッドの下も難なく掃除をしてくれます。駆動音も静かで、ライフスタイルにもかなりフィットしています。花粉の季節は、特に頼りにしています。

 

エコバックス,水拭き,頻度,DEEBOT X1 OMNI,水拭き しない,水拭きのみ,洗浄液,必要 か,洗剤,モップがけモード,臭い掃除機,かけすぎ,病気,やり方,n8

キッチンの油汚れは、あとから自分で拭き掃除をしますが、それ以外の場所は掃除機にお任せで常に部屋がキレイに保てています。子どもが小さく床をよく触るので、衛生的で安心して過ごせています。

口コミのまとめ

水拭き機能は、多くのユーザーから好評を得ています。

しっかり拭き掃除ができ、掃除後の床がサラサラになるというメリットがあります。

一方で、水拭き跡が残る場合がある、モップの交換が面倒などの声もあります。

購入を検討している方は、さまざまな口コミを参考に、ご自身のニーズに合うかどうか判断することをおすすめします。

エコバックスの水拭き機能を上手に活用して、快適な生活空間を作りましょう!

フローリングの水拭き以外にもできること

エコバックスの水拭き頻度の罠!やりすぎると床が傷む恐ろしい事実

エコバックスのロボット掃除機の特徴

エコバックスのロボット掃除機は、フローリングの水拭き以外にも、以下のような機能や特徴があります。

スマートナビ機能

レーザースキャンで部屋の間取りを測定し、効率的に清掃します。

アプリで清掃エリアやバーチャルボーダーを設定できます。

自動ゴミ収集機

掃除が完了すると自動でゴミ収集機内の密封型紙パックに吸い上げます。

最大60日分のゴミを収容できます。

自動洗浄・乾燥ステーション

モップが汚れるとステーションに戻って洗浄します。

汚れたモップはステーション内で自動洗浄と熱風乾燥により、いつも清潔に保ちます。

芳香剤機能

業界初の芳香剤を内蔵し、掃除をしながら香りでリフレッシュします。

香りの種類は3種類あります。

ペット用モデル

ペットの毛や長い髪の毛の掃除に困っている方に嬉しい、大容量のダストボックスとメンテナンスが簡単な毛が絡まりづらいゴム状のメインブラシを同梱したモデルです。

エコバックスの水拭き機能の購入方法と価格はどうなのか

エコバックスの水拭き機能を搭載したロボット掃除機は、オンラインショップや家電量販店などで購入することができます。

ここでは、エコバックスの水拭き機能の購入方法と価格について、詳しく見ていきましょう。

エコバックスの購入できるところ

水拭き機能を搭載したDEEBOT

エコバックスの水拭き機能を搭載したロボット掃除機は、以下のような方法で購入することができます 。

オンラインショップ

オンラインショップでは、エコバックスの公式サイトやAmazon、楽天などの通販サイトで購入することができます。

オンラインショップのメリットは、在庫や価格の確認が簡単にできることや、自宅に届けてもらえることです。

オンラインショップのデメリットは、実際に商品を見たり触ったりできないことや、配送や返品に手数料がかかる場合があることです。

家電量販店

家電量販店では、ビックカメラやヨドバシカメラなどの大型店や、コジマやエディオンなどの地域店で購入することができます。

家電量販店のメリットは、実際に商品を見たり触ったりできることや、店員に相談したり交渉したりできることです。

家電量販店のデメリットは、在庫や価格がオンラインショップよりも高い場合があることや、自分で持ち帰る必要がある場合があることです。

水拭き機能を搭載したDEEBOTの価格

エコバックスの水拭き機能を搭載したロボット掃除機の価格は、機種によって異なります。

ここでは、エコバックスの水拭き機能のおすすめ機種の価格を紹介します 。

DEEBOT X2 OMNI

DEEBOT X2 OMNIの価格は、約10万円前後です。

DEEBOT X2 OMNIは、エコバックスの最高峰モデルで、回転式の水拭き機能を搭載しています。

水拭き機能は、全自動でモップの洗浄・乾燥・水補給を行うことができます。

また、最大8000Paの吸引力や3D障害物回避、カメラでの見守り、音声操作などの機能も備えています。

DEEBOT T10 PLUS

DEEBOT T10 PLUSの価格は、約6万円前後です。

振動式の水拭き機能を搭載した中~高価格帯のロボット掃除機です。

振動式の水拭き機能は、床に密着させたモップを前後に振動させることで、床にこびりついた汚れもキレイに拭き取ります。

また、最大3000Paの吸引力や3D障害物回避、カメラでの見守り、音声操作などの機能も搭載しています。

DEEBOT N8 PRO+

DEEBOT N8 PRO+の価格は、約4万円前後です。

引きずり式の水拭き機能を搭載した低~中価格帯のロボット掃除機です。

引きずり式の水拭き機能は、モップを床に撫でるように動かすことで、ホコリや花粉などを拭き取ります。

また、最大2600Paの吸引力や自動ゴミ収集、カーペットの自動検知などの機能も備えています。

 

以上、エコバックスの水拭き機能を搭載したロボット掃除機は、オンラインショップや家電量販店などで購入することができます。

購入方法や価格には、それぞれメリットとデメリットがあり、自分の好みや予算に合わせて選ぶことが大切です。

エコバックスの水拭き機能を上手に活用して、快適な生活空間を作りましょう!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました